倉庫

中国のどうでもいい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【外交部】第10回外交部一般開放

 孔泉亡き後初の一般開放だが(参照)、ついこの間9回目があったはず。開放しすぎではバックヤードツアーの貴重性が失われる。もっと閉じられた方がよろしいかと、と全国7億2000万の外交部ファンとして老婆心を出さずにはいられない。そして強力ホストを西ヨーロッパ局から借りてくる事も考えねば。ファンあってのプレイヤー。ホストが劉建超で参加した学生もイマイチなご様子。

http://news.xinhuanet.com/newscenter/2006-06/03/content_4642373.htm
 真ん中に李肇星、左端に劉建超。最近見ていないが、秦剛死んだのか。アラブ諸国の大使を巻き込んで例のごとく礼賛が続く。新華社の記事は外交部のものに比べるとアラブとの友誼色が強いのだが。

劉建超は「外交官は頻繁に国外に出かけ、祖国と人民の為に工作を行う重要な仕事です。彼らは家族と別れるつらさを受け入れなければならないし、戦乱や疾病など悪劣環境の洗礼を受け、生死の危険に直面する事もあります」と述べた。

 それは駐中の外国人なら皆思っていることだから。

http://news3.xinhuanet.com/photo/2006-06/04/content_4642963.htm
 李肇星踊る。後ろのギャラリーが全く興味なさげだが気にするな。

http://www.fmprc.gov.cn/chn/zxxx/t256272.htm
 外交部のは写真が豊富。でも孔泉がいないからねえ。

http://news.xinhuanet.com/photo/2006-06/04/content_4642963_3.htm
 孔泉たんのサインなら貰ってやる。

http://news.thebeijingnews.com/0556/2006/06-04/012@185230.htm
 今年はあともう1回一般開放があるそうな。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。