倉庫

中国のどうでもいい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

河の神だってよ

 昨日に続く救いの無い貧困シリーズ。

http://news.sohu.com/20060423/n242946110.shtml
 黄河の氾濫で田畑が飲み込まれる事態がたびたび起き、その都度政府に掛け合っているが返事はもらえていない。農民が河の神に祈りを捧げている―こういったおかしな事が寧夏自治区で見られるのだ。

 迷信を信じる一部の農民が2000元を投じて祈祷をさせ、これ以上自分たちの土地を荒らさないよう、河の神に祈ったのだ。「彼らの土地というのは堤防の内側で耕作など許可していない」というのは地元県政府の幹部だ。農民たちは昨年から食糧を国から配給されている。

 うわー史記かなんかで読んだぞこのシーン。若い女を嫁にやって氾濫を静めるやつ。あれって、2500年位前だけどまさかまた見られるとは思わなかった。さすが伝統をウリにしている国は違うね。

 練習問題

問1:何が農民をそういった行為に走らせるのでしょうか。
問2:新華社がその辺を完全に無視しているのは何故でしょうか。
問3:そもそも農民が堤防の内側を耕す理由はなんでしょうか。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。