倉庫

中国のどうでもいい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WTOかなんかが近いんですか

 
 【東トルキスタン】 ニセモノの焼却処分市 
http://news.sohu.com/20060315/n242303173.shtml

 毎度おなじみ年中行事の一つ。食品、タバコ、靴、帽子、化粧品、薬品などにガソリンを撒いてファイヤー。ファイヤーは解放軍が担当、火炎放射器を使ったらしい。時々装備がちゃんと働くか確認しなければならないのだが、これならパフォーマンスも兼ねて一石二鳥。

 本気なら火炎放射器を装備させた解放軍を製造工場に向かわせると思うが、その辺は触れないでおこう。

参考消息:http://www.jetro-pkip.org/index.htm


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

中華民族の摩訶不思議

中華民族の食に対するこだわりもさることながら、ニセモノ作りの執念は一体どこから生まれてくるのかと理解に苦しむ。ニセモノといってもそれなりのコストと手間がかかる訳で、もうちょい頑張り(ちょいではダメかもしれないが)本物を作ってみたらと言いたくなる。でも、「真っ当なことをしていては大陸では生きていけない。」というこたなら少し納得。

パンダ | URL | 2006年03月19日(Sun)16:38 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。