倉庫

中国のどうでもいい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

毛沢東さん生誕116周年

 また無駄なモノを・・・公共事業と信じたい。

 12月26日は毛沢東さんが1893年に生まれた日。生誕116周年という中途半端なタイミングで、毛沢東の巨大な彫刻が故郷湖南省に完成してしまってた。これを芸術と言い切れる神経が素晴らしい。

http://news.xinhuanet.com/photo/2009-12/26/content_12706831.htm



 お札や紫禁城の肖像などで有名なおっさん時代ではなく、駅前広場や大学など公共施設にそびえ立つ右手を挙げたヤツでもなく、1925年、32歳の書生時代をモチーフにした彫像で、高さ32メートル、幅41メートルというとてつもないデカさ。見事に景観を崩してるんだなこれが。

http://news.xinhuanet.com/politics/2009-11/03/content_12375996.htm http://news.xinhuanet.com/local/2008-09/02/content_9755414.htm

 

 4年、かかったそうです。7000万元突っ込んだらしいです。中央弁公庁と中央宣伝部の批准を得ているので、ある程度の補助は出ているかと。

http://news.boxun.com/news/gb/china/2009/12/200912270256.shtm

http://www.youtube.com/watch?v=tGzZKdoOgGY

http://www.hn.xinhuanet.com/cul/2009-12/25/content_18598083.htm

http://www.hynews.net/news/2009-12/28/content_234503.htm

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

打ち首

アメリカにある岩山に4人の大統領が彫ってあるものと違って、上に突き出しているのでまるでさらし首みたいですね(笑)
毛沢東って、若いころはフサフサだったんですね。

いと | URL | 2009年12月30日(Wed)22:16 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。