倉庫

中国のどうでもいい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

李瑞環が寄付

 全国政協主席、天津市党委書記などを歴任した李瑞環さん、引退して既に7年がたつ。初めて肉声を聞いたときはあまりの甲高さと、いかつい外見とのギャップでに鼻水が出た。

http://china.huanqiu.com/roll/2009-12/649324.html


 李瑞環さんは全国政協主席の任にある頃から原稿料を奨学金として「老党員名義」で寄付し続けてきた。何故バレているのか。

 今回オークションに出したのは自分が貰った油絵だから、匿名でもすぐにバレる。それはわかる。しかし、色のついていないお金を寄付しているはずなのに、何故か李瑞環さんだと分かっている不思議。まあ、江沢民さんはそんな話聞かないし、大先生はポケットマネーからたったの5000元だったしな。

 ちなみに、今回出品された「北国風向」は、李さんが北京首都空港の建設にあたっていた時に、空港の内装を担当していた中央美術学院の呉冠中さんが記念プレゼントしたらしい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。