倉庫

中国のどうでもいい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

 民主・小沢代表が胡錦涛主席と会談(12月7日産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071207-00000949-san-int

 【北京=斉藤太郎】中国訪問中の小沢一郎民主党代表は7日、北京市内の人民大会堂で胡錦涛国家主席と会談した。会談の冒頭、胡氏は民主党と中国共産党の定期協議について「両党、両国、両国民の相互信頼と友情を深め、戦略的互恵関係に役立つと確信している」と表明。小沢氏は謝意を表した。

 さらに小沢氏は「両国の友好、友情を深めることは人類史的な意義がある。力の及ぶ限り努力したい」と述べた。これに対し、胡氏は「対話と協議を通じて両国関係をさらに戦略的に押し上げたい。(民主党との)『交流協議機構』の役割はさらにレベルを充実させたい」と応じ、民主党との関係を重視する姿勢を示した。

 また胡氏は「両国のハイレベルな交流が進んでいるのを大切にしたい。環境保全、エネルギーなどグローバルな挑戦に役立つ」と指摘。そのうえで「安全、防衛面でも対話を進める。朝鮮半島の核問題では両国で強い連携が進んでいる。平和を擁護する共同責任を持っており、和すればメリットがあり、戦えば共に損する」と述べた。

 小沢氏は「アジアは政治思想、システム、教育、経済発展の状況が違う。そのアジアが平和で豊かになるための要が日中関係だ。胡主席が(そのための)偉大なリーダーになるのを祈念する」と話した。

 会談には、民主党の羽田孜元首相、菅直人代表代行、山岡賢次国対委員長のほか、田中真紀子衆院議員(無所属)が同席した。

 胡氏との会談に先立ち小沢氏は同日、北京市内のホテルで、中国共産党の次世代のリーダーと目される李源潮中央組織部長とも会談した。

 また、第2回交流協議機構の会議が開かれ、菅氏は「民主党(政権)であれば、両国がさらに信頼関係を築いていける」と語った。

■胡錦濤、民主党小沢一郎党首と会見(12/07 中国新聞網)
http://news.sina.com.cn/c/p/2007-12-07/195713039517s.shtml

 もう小沢死んだら?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>胡主席が偉大なリーダーになるのを祈念する
媚びてるな。小沢よりはふ~ちゃんのほうがましだろうよ。

パンダ | URL | 2007年12月07日(Fri)22:59 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。