倉庫

中国のどうでもいい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1月12日

 私が写した中国
http://pic.people.com.cn/GB/73694/5254082.html

 日本人の皆さん、中国と中国人の印象はいかがですか。というわけで昨年11月1日から募集をかけながら100枚も集まらなかった写真。

http://poll.people.com.cn/139_ctdzb_001/1.php

 地震の影響か重いのでいくらかマシな日本語版でご覧いただく。商品は北京五輪グッズケチったのが敗因と思われ。ていうかテーマが「中国人」の写真少ないね。景色ばっか。


 米国における中国文化の影響力日本を越える
http://world.people.com.cn/GB/14549/5232178.html

 海外でも中国の芸術家は注目を受けている。米国では中国は日本に変わりアジアの芸術家の代表と認識されており、さまざまな分野で日本の地位を奪っている。中国文化の影響力は日本を超え、米国人の留学もそれを表している。2005年、中国へ留学した米国人は6389人でこれは前年に比べ34,9%の増加だったが、日本へ留学数はわずか4100人だった。

 いちいち日本を引き合いに出すなと思ったら韓国の新聞なのね。納得しますた。


 2006年中国メディア流行語発表
http://cn.news.yahoo.com/070112/1063/2hzlw.html

 青藏鉄道、消費税、和楷社会、社会主義新農村、自主創新、社会主義栄辱観(八栄八耻)、中非(アフリカ)協力フォーラム、長征精神、非物質文化遺産、倒扁(打倒陳水扁)らしいけど、流行語の意味違うっぽい気がする。国内ニュースで『江沢民文選』が出る一方、江沢民の母校がラベルを張替えて自分で作ったと嘘をついた「漢芯」が科学の部門でランキング入りしているのは誰かの嫌がらせ。


 人民元>香港ドル
http://cn.biz.yahoo.com/070111/4/kkrh.html

 100RMBに対して107HK$くらいでずっと来てたのが、昨年暮から徐々に接近し本日99,6HK$くらいになった。それまで香港の隣にある大陸側の深センなんかでも使えていたHK$が受け取りを拒否されているらしい。


 社会科学院白書「日本の不動産バブルの教訓を忘れるな」
http://zqb.cyol.com/content/2007-01/12/content_1640476.htm

 中国のバブルは日本のとは異なる、いやそもそもバブルなどではないとか言ってたの誰よ。ここでも違うといったり実は一部は似てるねと多重人格気味。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

投票してみました

>「中国人」の写真少ないね。
私の大陸の方のイメージは、硬い表情の商売人、ジャケットを着て作業する農民、上半身裸のおじさん、往来で口論する人々(声が大きそう)、悲痛な面持ちの庶民(上訪村とか)、厳めしい制服姿の役人、大きなビニール袋に荷物をつめて移動する人たち、深いしわを刻んで笑う気のよさそうな人たち(北西部は乾燥してそうだ)etc.です。


パンダ | URL | 2007年01月13日(Sat)15:11 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。