倉庫

中国のどうでもいい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

外交部 日本の「非核三原則」遵守を希望

http://news.xinhuanet.com/world/2006-11/15/content_5333266.htm

 外交部報道局弁公室は「日本は核拡散防止条約の加盟国として、厳格に条約の義務を守り、非核三原則を遵守し、地域平和と安定の維持に責任ある態度を取るよう望む」との声明を発表した。

 日本は1968年に佐藤栄作元首相が「つくらない、もたない、もちこませない」とする非核三原則を国会の施政方針演説で発表した。1971年に衆議院を通過して以来、日本の核兵器に関する基本政策となっている。



 露骨な日本持ち上げも早速息切れ。自衛隊関連など中国の国益にぶつかるニュースに脊髄反射する伝統は失われていない。分かりやすい。

 この声明は、「自衛のための必要最小限度であれば、核兵器の保有は憲法の禁止するところではない」という政府答弁に対して出されたものだが、そんなニュースあったっけ?新華社の記事を読むと宗男の質問に対する政府答弁らしい。日本では毎日新聞がわずかに報道するのみ。

http://news.xinhuanet.com/world/2006-11/15/content_5330331.htm
http://news3.xinhuanet.com/world/2006-11/15/content_5330551.htm
 <核保有>政府が答弁書決定「自衛なら憲法に違反しない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061114-00000066-mai-pol

 そりゃ非核拡散防止条約は、米英仏露中以外に核を持たせないという強烈に不平等な条約。でも持ってしまえばインドやパキスタンみたいに黙認。あ、この2国は入ってなかったか。持てとは言わないけど、こうして中国が過剰反応してくれることはありがたい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

持たない強さ

たまには日本でも核について皆で考えてもいいんじゃないかと思う。するとアメリカからは国務長官が急いでやって来て、日本の安全は全面的に保障してくれると言ってくれるし、中国も反応して北への影響もあるかもしれない。
もちろん唯一の被爆国として核兵器を持たないという観点での議論ということを忘れてはならない。
「核を持たない」強さというのもあるのではないだろうか。

パンダ | URL | 2006年11月16日(Thu)23:15 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。