倉庫

中国のどうでもいい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新華社記者 三ノ宮駅で女性を撮影

 不法残留で新華社記者逮捕
http://www.sankei.co.jp/news/061113/sha005.htm

 兵庫県警鉄道警察隊は12日、入管難民法違反(不法残留)の現行犯で中国国営通信新華社の記者、楊宗友容疑者(46)を逮捕した。

 調べでは、楊容疑者はバレーボールの世界選手権を取材する目的で10月22日に来日。在留期間が今月6日までだったが出国せず、東京都渋谷区の新華社東京支局などにいた疑い。

 12日午前、神戸市中央区のJR三ノ宮駅前で若い女性の写真を撮っている楊容疑者を見た通行人が鉄道警察隊詰め所に「不審な男がいる」と通報。同隊員が事情を聴いたところ不法残留が分かり逮捕した。

 新華社東京支局は「何らかの手違いがあったのではないか」としている。

----

 「新華社通信」カメラマン、不法残留容疑で現行犯逮捕
http://www.asahi.com/national/update/1112/TKY200611120163.html

 12日昼ごろ、神戸市中央区のJR三ノ宮駅構内で「カメラで若い女性ばかり撮っている不審な男がいる」と通行人から兵庫県警鉄道警察隊に通報があった。同隊員が男を見つけて職務質問したところ、中国人で、ビザの残留期限が切れていたため、出入国管理及び難民認定法違反(不法残留)の疑いで現行犯逮捕した。男は中国の国営通信社「新華社通信」のカメラマン(46)。「期限が切れているのはわかっていた」と、容疑を認めているという。

 県警葺合署の調べでは、カメラマンは10月22日に、現在開催中のバレーボール世界選手権の取材のため来日。公用ビザの残留期限が今月6日で切れたのに、更新せずに滞在した疑い。「大阪での試合を取材する前に、神戸に遊びに来ていた」と供述しているといい、同署でさらに詳しく事情を聴いている。

 朝日はご丁寧にお名前を隠してたりする。東京支社と本人の言ってることが正反対なのが笑える。こいつね。

 バレーボール世界選手権 中国、プエルトリコに勝利
http://news.xinhuanet.com/sports/2006-11/11/content_5317745.htm

 11月11日、中国チームの王一梅(中)が試合中にスパイクを決めるところ。大阪で行われているバレーボール世界選手権の二次リーグ、中国はプエルトリコに3-0で勝利した。

 新華社記者楊宗友撮影

 Watでも撮ってりゃよかったのに。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。