倉庫

中国のどうでもいい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「吐痰」に罰金北京で始まる

http://news.thebeijingnews.com/0189/2006/0220/015@161747.htm
北京でも唾を吐くと最高で50元の罰金が課せられるようになった。ゴミ箱、タンツボを設置。同時に1500人いた監視員も3000から4000人に増員。

タン吐き監視に100万元投入、監視車でモニター設置
http://news.sohu.com/20060225/n242009315.shtml
「オレがいつどこで唾吐いたってんだ。証拠出してみろ。出せたら1万元出してやるよ」という男に対し、映像を見せて50元徴収。法規と衛生知識を説明し、使い捨て「エチケット袋」をプレゼント。男は「恥ずかしい」。


道のど真ん中で吐くからだよ。排水溝ならまあいい。あと手鼻、ゴミ箱へのタン吐き、路上での脱糞なども取り締まってくれるとありがたい。特にいい大人が尻を丸出しにしてるのを見るとトラウマになる。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

五輪へ向けて?

小平(確か)なども外国の要人に会う時でさえ、タンツボが手放せなかったらしいですね。
五輪に向けて公衆トイレの設置が急がれている北京。でも「路上で・・・」は、近くにトイレ無いのか、堪え性がないのか。
他国にはない苦労が、隣国政府にはあるようで。

パンダ | URL | 2006年02月26日(Sun)03:42 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。