倉庫

中国のどうでもいい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北京で2年ぶりの有感地震観測

http://news.xinhuanet.com/newscenter/2006-07/04/content_4793453.htm
 震源地は河北省文安県で、マグニチュード5,1。110キロ離れた北京、80キロ離れた天津でも揺れを感じたとか。それよりもウケるのが「デマではなく政府発表の地震情報を聞くこと」の一文。震度2程度で何を、と思うかもしれないが、記事にあるとおり北京では前回の有感地震は2年前。日本人とは違って慣れていないので動揺の走り方が半端じゃないんだろう。

 それよりも、地震情報が「突発事件」認定を受けるのとどうなるんだろう。震度6までなら大丈夫という前提も怪しい。



xinhua01


 というような特集まで組まれてしまった。


 地震局専門家「『文安地震』震度高くない 余震の可能性わずか」
http://news.xinhuanet.com/newscenter/2006-07/05/content_4796689.htm
 震源地住民、社会秩序落ち着く
http://news.xinhuanet.com/newscenter/2006-07/05/content_4794918.htm
 河北の地震 北京への影響はなし
http://news.xinhuanet.com/newscenter/2006-07/04/content_4793453.htm

 各地の記者に地震発生当時の体験を語らせたり、「北京で近く大地震が起こる可能性は無い」と専門家に言わせたり、実際は動揺が収まっていないことを物語っている。10メートルあるか無いかの基礎しかない高層ビルばかりが立ち並ぶ北京、震度4でも危ないと思うんだがどうだろうか。


http://news.thebeijingnews.com/0554/2006/07-05/011@192302.htm

 4日午後2時に掲示板で「17時から22時の間に北京強い地震がある」というデマが流れていたみたい。この情報を見た人たちは「地震の知識がある人間はそんなに正確な予報が出来ないと知っている」「地震局の友人に確認した」など、いずれも出来すぎなくらい冷静に行動してるけど、中国人は噂の出所は気にしないのでソース無しのニュースが掲示板に挙がっても疑われることはまず無い。「日本に留学中の中国人ボコられる」とか、最近あったのは「地下鉄のホームに落ちた女性を助けた中国人」とかもちろんソースは無い。

http://hk.news.yahoo.com/060704/12/1ps8a.html
 温家宝が住民の安全と財産を守るよう通達。震度4でだよ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

日本人だって怖い

数年前のこと、ロシアのサーカス団がユーミンのコンサートに出演することになった。リハーサル中に地震が発生。(震度は忘れた。)もうパニックで大変だったそうです。ま~サーカスですしね。地震に慣れていない人には震度2程度でも怖いことでしょう。情報を出す側も慣れていないし。そもそも政府発表地震情報の信憑性はどれほどのもの?

>10メートルあるか無いかの基礎
以前から中国の高層ビルを見る度に全部姉歯物件に見えてしょうがなかった。それこそ民工たちが突貫工事で作り上げた物件みたいで。中には鉄筋じゃなく一部に竹が使われていたビルもあるそうな。地震がほとんどない国なんで竹でもいいのかも。

http://www.explore.ne.jp/news/article.php3?n=2859&r=sh

パンダ | URL | 2006年07月05日(Wed)20:22 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。