倉庫

中国のどうでもいい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

革命事業の後継者を育成する小学校

http://the-sun.orisun.com/channels/news/20060616/20060616013354_0000.html
 「えーマジ革命!?」「革命が許されるのは19世紀までだよね!」という21世紀の空気を読めない国で、空気を呼んでる小学校のお話。『毛主席語録』暗誦、『老三篇』の学習、金をパクッてネットカフェで使ったに対し校長が批判大会、革命というよりは単に文革がはやっているだけのような気もするが、「このようにして学生の善悪や栄辱観を育てていると考えています」と、ちゃんと胡錦濤に対するリップサービスも忘れていない辺りはさすが校長そつがない。どうせなら校長自ら自分の名前の上から×が書かれたプラカードを首から掲げ、一人闘争大会とかやって欲しかった。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。