倉庫

中国のどうでもいい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

挑戦的な名前

http://gb.chinabroadcast.cn/8606/2006/06/08/107@1081655.htm

 記事はどうでも良い。記者の名前に注目。

 「胡靖国」

 今が文革ど真ん中なら真っ先に血祭りにあげられているであろう、最高に挑戦的な名前。いや、今でも嫌がらせレベルなら遭ってるだろうに。「フラれたのはお前の名前が悪いからだ」「ウェイトレスが注文取りに来ないのはお前のせいだ」とか言われて。

 しかし、少年時代にいじめられてなければ、逆に中国人の間で今のような批判的意識は構築されていなかったということにもなるし、中国人民はいつのころからか急に傷つき始めたということになる。一度話を聞いてみたいもんだ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。