倉庫

中国のどうでもいい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『為了世界更美好』の中身

http://news.xinhuanet.com/world/2006-07/31/content_4898877.htm

 香港返還に際しては式典をイギリス主導でやるか、中国主導でやるかで揉めたことを書いている。イギリス側がホストなら中国の最高指導者は自国で招かれることに、なる、そんなの受け入れられない!

 ではどうするか。主客の別をなくし、イギリス代表のチャールズ皇太子と江沢民が同時に別々の方向から入ってくることで乗り切ったとか。

 また、イギリスが北京における式典では0時0分1秒に英国国家を演奏することで始めるよう要求し、中央は前日の11時59分59秒に中国の国家を演奏しだすことで拒否。

 今上天皇に反省を迫ったシーンなんかもあり、対日強硬派も大喜びの同書。詳しくは書店で。

スポンサーサイト

PageTop

『為了世界更美好』--李肇星は前書きで参加

http://politics.people.com.cn/GB/1027/4647622.html

 私が江主席に初めてお会いしたのは、1989年の秋だった。主席が中南海で海外の賓客と会ったのち、外交部報道官だった私は目を通していただこうとニュース原稿をお持ちした。

 「君が決めなさい。私は見ないよ」。数年前に同じく海外の賓客と会見した小平同志のために書いた原稿をお渡しした時も、「君がやることで私は知らない」といわれたことを思い出した。

 老指導者は2人とも寛大だった。1人は四川訛りが、もう1人は江蘇なまりがあったし、1人は別れる際にはうなづき、もう1人は握手を交わす。歴史というものがこんなに細かいところまで似かよるとは思いもしなかった。

 胡錦濤の視察なんかよりメンバー、記事の扱いともに上。わざわざ時期を合わせてぶつけてきたとしたら大したものだ。

PageTop

江沢民、これは本気かも

http://www.fmprc.gov.cn/chn/zxxx/t265398.htm

30日になんと釣魚台国賓館で行われた江沢民の新書発表会、銭其シン、唐家センが新書を模したレプリカにかけられた覆いを取り、外交部副部長の戴秉国が司会、対外聯絡部長の王家瑞も顔を出している。海外出張中の李肇星以外の外交に関する要人はほとんど出席しているのだ。肝心の江沢民はいないけど、誰もついてきてくれなかった胡錦濤に比べれば雲泥。

PageTop

江沢民がまた嫌がらせ

http://www.wenweipo.com/news.phtml?news_id=CH0607290018&cat=002CH

 江沢民が外交実録を出版、30日に出版記念式典。書かれたのは前作『中国を変えた男』より前だとか。あの本、まさか日本語になるとは思わんかった。この件はもちろん大陸で報道禁止。

PageTop

「七夕を東洋のバレンタインにしてはならない」専門家提言

http://society.people.com.cn/GB/1062/4646572.html

 恋人と公然と会って祝うことは無かった?七夕と「東洋のバレンタイン」のイコール付けは難しいだ?うっせえお前もやることやってんだろ、っていうか「以愚昧無知為恥」と矛盾してるぞ迷信を信じてんじゃねえ。タイーホ。

PageTop

党と人民は忘れません 胡錦濤、人民の軍医華益慰を見舞う

http://news.xinhuanet.com/newscenter/2006-07/27/content_4885587.htm

 北京軍区総医院の責任者「胡主席にはお忙しい中、お暑い中、同志のお見舞いにお越しくださり我々は深く感動しました。胡主席の配慮を力に、華益慰同志の活動を休まず学習し、華益慰精神を我々の医院でさらに光り輝かせます。我が医院の職員全員は『華益慰同志を模範に、一生党の事業に忠誠を尽くし、一生患者を大切にし、医者としてのモラルを高め、技術を高める』ことを誓います」。

 温家宝に対抗した胡錦濤の人気取りかと思ったら、思い切り建軍節前のアピールだった。中の人も大変だな。

PageTop

【恒例】温家宝ボロ靴履いて河南を視察 その修繕回数に網友感動

http://news.sohu.com/20060726/n244451600.shtml

 いつもながら質素を装ったスタイルには余念が無い温家宝。今回はボロい靴でキメてみた。む、そんな話は初耳だが。しかも、そのご自慢のボロ靴を確認できる写真が無い。記事にはボロい靴とともに全国の数千の県や市の視察を共にしたとあるのだが。

 田舎の人は皇帝(胡錦濤)の次(丞相)が来たのだから、純粋に嬉しいのだろう。それについては何も言わないが、それに付け込む温家宝はさすがにあくどい。伊達に中央で揉まれてない。もちろん褒め言葉ではないぞ。

PageTop

【恒例】温家宝首相湖南省の洪水被災地域を慰問

http://news.xinhuanet.com/photo/2006-07/23/content_4869519.htm

 温家宝が慰問に来たと知り、被災者たちはあちこちから坪石郷河沙碼頭に駆けつけた。久しく会っていなかった身内を見るように総理の周囲を囲んでいる。総理の手を握り、老人Aは涙した。

温家宝「ご老人、何かおっしゃりたいのでは」
老人A「我が家は倒れ、住むところがなくなりました」
温家宝「倒壊した家屋は党と政府があなた方を支援してまた立て直します。次のは今よりも良いものですよ」

 ここまでくるとギャグ。

http://news.xinhuanet.com/photo/2006-07/23/content_4869519_1.htm
 これ嫌がってるだろ。ムツゴロウと同じで。

http://news.xinhuanet.com/photo/2006-07/16/content_4840592.htm
http://cpc.people.com.cn/GB/64093/64094/4601964.html
 後はいつもの嘘笑い。

PageTop

羽田を混乱させた男 中国人と判明して無言の新華社

http://news3.xinhuanet.com/world/2006-07/09/content_4810114.htm

 このように日本人がやったかのように書かれているわけだが、このニュースは物凄い勢いで転載されている。

http://news.sina.com.cn/w/2006-07-09/02499409160s.shtml(杭州日報)
http://news.sina.com.cn/w/2006-07-09/03439408122s.shtml(重慶晨報)
http://news.sina.com.cn/w/2006-07-09/04009408150s.shtml(北京娯楽信報)
http://news.sina.com.cn/c/2006-07-09/07369411277s.shtml(南京日報)
http://news.sina.com.cn/o/2006-07-09/09319410320s.shtml(瀋陽今報)
http://finance.sina.com.cn/chanjing/b/20060710/1005789093.shtml(中国民航新聞信息)

 ご存じだろうがこの男は名前は伏せられていたものの、ちゃんと最初から中国籍と報じられている。都合の悪いところは完全に隠蔽。

 羽田滑走路2時間閉鎖、作業員「体操したい」と横断
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060708AT1G0800M08072006.html

 アルバイト作業員は中国籍で、同事務所に対し「機内清掃作業の合間の休憩時間に、海のそばで体操したくなった」と話しているという。
 ランニング男滑走路横断、週末の羽田空港2時間閉鎖の大迷惑。


http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200607/sha2006070901.html

男性は中国人だが日本語は達者。昨年7月の入社から1年経っているが「空港勤務は不慣れで、規則がよくわからなかった」と釈明しており、同事務所は男性と協和企業に厳重に注意した。

 外務省は抗議したんか。おまけにいつものビザ切れ。

 羽田滑走路横断の作業員は不法滞在、警視庁が逮捕
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20060720AT1G1905119072006.html

 全日空機の機内清掃アルバイトをしていた中国人の男が羽田空港の滑走路を横断し、滑走路が一時閉鎖された問題で、この男の滞在期限が切れていたとして、警視庁東京空港署は19日までに男を入管難民法違反容疑で逮捕した。

 逮捕されたのは、金賢容疑者(22)。調べによると、同容疑者は2003年4月に就学ビザで入国し、今年4月に滞在期限が切れた後もそのまま日本国内にとどまった疑い。同署は東京入管に同容疑者を引き渡した。同入管は強制送還の手続きを取る見通し。同容疑者は昨年7月から機内清掃の委託を受けている会社でアルバイトをしていたという。

 今後、就学ビザで労働したら死刑ということでひとつ。中国のメディアはもちろんこの件をほとんど報じていない。

http://www.hsm.com.cn/news/2006/0720/68/37289.shtml
 全日空の清掃業務を行っていた中国籍の男性が、8日に羽田空港の滑走路を横切って運行に影響を与えた事件で、男のビザの滞在期限が切れていたことがわかり、警視庁東京空港署は19日までに男を入管難民法違反容疑で逮捕した。

 中国喬網?知らんな。新華社はちゃんと同じ規模で報道しなさい。

PageTop

カラオケで歌いたい中国の歌2―沒有共産黨就沒有新中國

 完全に忘れていたカラオケで歌いたい中国の歌。華流を広めたいという意図もある。どうせ日本に台湾人を呼ぶ力は中国大使館には無いだろうし、それなら自身の持っているコンテンツをありったけ使えばいいだけ。

 有名な歌。そのまんま読めば分かるので翻訳も必要なしかと。共産党はお前らのために死ぬほど頑張ったんで大事にしろよと連呼している。

http://news.xinhuanet.com/audio/2004-07/07/content_1579388.htm

沒有共産黨就沒有新中國
沒有共産黨就沒有新中國
沒有共産黨就沒有新中國
共産黨辛勞為民族
共産黨他一心救中國
他指給了人民解放的道路
他領導中國走向光明
他堅持抗戰八年多
他改善了人民生活
他建設了敵後根據地
他施行了民主好處多
沒有共産黨就沒有新中國
沒有共産黨就沒有新中國

 これも有名だが、「沒有,沒有」は英語の"No~,No~"なので、共産党が無かったら今の中国も無いのになあという意味にもなり、天安門事件前には良く歌われたが表の意味は共産党賛歌なので取り締まれなかったとか。

PageTop

小学校@豚小屋

http://pic.people.com.cn/GB/1098/4511850.html

 どうみても豚小屋です、本当にありがとうございました。さすがに豚と同居しているわけではなく、跡を再利用しているのだが。ちなみにモグリ学校で先生もモグリ。と、人民日報が報じたので

http://pic.people.com.cn/GB/1098/4613738.html

 閉鎖されてしまった。教育部が即座に動いてて、どうもデキレースくさい。

PageTop

 靖国神社「夏季販促」日本の青少年を誤らせる

http://news.xinhuanet.com/world/2006-07/18/content_4848150.htm

一瞬新華社が本気で少年の非行を危惧しているのかと思った。夏休み期間中の7,8月は游就館の入場料が無料になり、修学旅行かなんかで押し寄せる小中学生に誤った知識を植えつけるらしい。ただ、出力は弱め。正しい知識を持っているとどうなるか。

http://news.sohu.com/20060718/n244305669.shtml
 こうなる。正しい知識を持った古賀先生は南京へ行きましたとさ。

PageTop

華流

 中国が最近物凄い勢いでプッシュし始め、昨年後半から日本の一部雑誌でF4を紹介するときにこの単語が使われることも増えてきたわけだが、いかに中国が台湾は中国の一部といえども60年別の枠で動いてきたわけで、同じ国とはとてもいいがたい。そんな台湾の頑張りを横取りする気持ちの悪さは見過ごせない。

http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/overseas/2006-07/10/content_4814120.htm

 さて、中国がいまだに使う「華流」の代表・女子十二楽坊。王毅閣下も大使館挙げて支援するらしい。その支援の結果がこれ。

http://www.yamadalabi.com/event/index.html
12


 悲しいね。

PageTop

安倍氏に脅迫状の香港人逮捕

http://hk.news.yahoo.com/060713/60/1q2py.html

 香港警察に逮捕されたのは24歳の男。なぜ脅迫状に住所使命をバカ丁寧にサインをしたのかは謎。昨年、反日デモ真っ盛りの頃、中国大使館に同様のブツ送りつけられて「テロだ」とか騒いでいたのが懐かしい。今回もまた同じようなことがまた起きて、この件は影が薄くなりそうな予感。

PageTop

産経の記事は「中国に泥を塗る」

 日本紙「中国外交官が日本で諜報活動」報道に抗議
http://news.sohu.com/20060713/n244236649.shtml

 「産経の報道は、マスコミが遵守すべき規則に完全に違反し、全くのでっち上げであり、中国と中国のイメージに泥を塗る意図がある」とお怒り。元ネタはこれ。

 中国武官が防衛庁幹部と頻繁接触 諜報活動か
http://www.sankei.co.jp/news/060708/kok037.htm

 中国大使館の武官2人が、防衛庁の現職幹部らと接触を繰り返していたことが7日、分かった。警察当局は、2人が防衛庁関係者と接触する現場をそれぞれ約20回確認しており、自衛隊の「機密」など軍事情報の漏洩がないか内偵捜査を進めたが、いずれも武官が帰国したため捜査は打ち切られた。日本の在上海総領事館員が中国で情報当局者から外交機密の提供を強要され自殺した事実が昨年12月に明らかになったが、国内でも中国による諜報活動が行われていた疑いが浮上した。
 関係者によると、平成9年ごろ、中国大使館の駐日武官が防衛庁中堅幹部OBと都内の飲食店などで接触を繰り返していた。

 警察当局で監視や尾行など捜査を進めた結果、1年間で約20回の秘密接触を現認したが、武官は突如中国に帰国。14年には、別の武官が防衛庁の研究機関に所属する現職幹部と飲食店などで接触を繰り返し、警察当局で1年近くの間に十数回の接触現場を確認したが、やはり途中で帰国した。

 接触が定期的だったことから、警察当局は防衛秘密漏洩の疑いがあるとみて長期の行動監視を行ったが、いずれも帰国により捜査が打ち切られたため、情報漏れの有無は解明に至らなかった。

 防衛庁の秘密情報は機密性が高い順に「機密」「極秘」「秘」に3区分されており、「秘」以上を漏洩した自衛官や職員は自衛隊法(守秘義務)違反の罪に問われる。

 防衛庁では12年9月、幹部が「秘」文書をロシア大使館の駐日武官に渡したとして、同法違反の容疑で警視庁に逮捕された例がある。

 一方、中国大使館では昨年3月、防衛庁の元幹部が在任中に職場から潜水艦の論文を盗みだしたとして窃盗容疑で警視庁の強制捜査を受けた事件で、論文が中国大使館に出入りしていた貿易業者を通じて中国側に渡った疑いが指摘されている。

 都内のコンサルタント会社社長の入管難民法違反事件で今年3月、警視庁が押収した社長の手帳に、中国大使館の参事官から中国と台湾の統一運動推進を指示された旨の記述があったため、警視庁は4月、参考人として参事官らに異例の出頭要請を行い、国内での工作活動の一端が明るみに出た。

 だが、中国大使館員と防衛庁関係者の不明朗な接点が、捜査で明らかになったのは初めてだ。

 何が事実に反するのかさっぱりわからん。言ったもの勝ちではあるけど。というか、事実に反することを言っているのはどっちだよ。

 外交部「日本の先制攻撃論は無責任」
http://news.xinhuanet.com/newscenter/2006-07/12/content_4823747.htm

 姜報道官は、「国際社会が平和的な外交努力を全力で展開している時に、日本の一部の閣僚が『先制攻撃』を言いふらしているが、こういった火に油を注ぐ発言は無責任で理解しがたい。国際的な外交努力を妨害し、北東アジア情勢を緊張させるだけで、それは各国人民の目にしたくないものだ」と述べた。

 誰がそんなこといったんだよ。

 額賀・麻生両氏、敵基地攻撃能力は必要との立場(07/09産経新聞)
http://www.sankei.co.jp/news/060709/sei060.htm
 敵基地攻撃論 安倍長官「誰も先制攻撃とは言ってない」(07/13毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060713-00000004-maip-pol

 日本語が不自由な局員しかいないか、わざとなのか。どっちにしても最低。

PageTop

山西省忻州市で3ヶ月に爆発事故3回

http://society.people.com.cn/GB/1063/4572083.html
 合計92人が死んでいるそうな。特に今回のは特大で爆撃受けたみたい。

 4月10日午前2時25分 原平市軒崗鎮
http://news.sohu.com/20060623/n243906700.shtml
炭鉱の病院で私蔵していた火薬が爆発。死者34人

 6月8日午前6時40分 繁峙県砂河鎮西沿口村
http://news.sohu.com/20060609/n243645213.shtml
 自作していた爆弾が爆発。死者10人

 7月7日午前6時30分 寧武県東寨鎮東寨村
http://society.people.com.cn/GB/1062/4572071.html
 民家に私蔵していた火薬爆発。死者48人。

 炭鉱が多い土地だし、日本でいうと1家に1台車があるようなもんか。爆薬の話ね。

PageTop

となりの温家宝

 一部から強烈なご要望があったような気がしたので、たまにはこういうのも良いかなあと思い作ってみた。元ネタはこちら(参照)。



 クオリティの低さなど苦情は一切受け付けない。

PageTop

安倍ちゃんと香港

 安倍官房長官に刃入りの脅迫文・香港から郵送(07/06日経新聞)
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20060706AT1G0602R06072006.html

 6日午後、東京都千代田区永田町の内閣府にカッターナイフの刃を張りつけた安倍晋三官房長官あての脅迫文が届き、同長官の事務所が警視庁麹町署に届け出た。香港から郵送され、差出人は中国名という。同署は脅迫容疑で捜査している。


 「靖国参拝するな」安倍長官宛てに刃物入り脅迫状(07/06読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060706it17.htm

 6日午後1時ごろ、東京都千代田区の首相官邸で、安倍官房長官宛てに届いた封書を秘書が開封したところ、カッターの刃が張り付けられた脅迫文が入っていた。

 安倍長官は同日、警視庁麹町署に被害届を提出、同署は脅迫容疑で捜査を始めた。

 調べによると、脅迫文には、日本語で「靖国参拝するな」「参拝すれば天罰下れ」などと手書きで書かれ、カッターの刃が張り付けられていた。

 差出人は「劉燿徳」という名前で、香港の住所が記されていた。消印は今月3日付。同署は住所が実在するかなどについて、調べを進める。

 安倍長官は6日の記者会見で「こうした脅迫は私の行動や考えに一切影響を与えない」と語った。


 安倍長官に香港から刃入り脅迫状 「靖国参拝するな!」(07/06朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0706/TKY200607060525.html
安倍官房長官は6日の記者会見で、カッターナイフの刃が入った安倍氏あての国際郵便の封書が同日、首相官邸に届いたことを明らかにした。靖国神社を参拝しないよう求める内容で、安倍氏は「脅迫状のようなものだ」として警視庁麹町署に届けた。

 安倍氏側によると、消印は香港発で7月3日付。香港の住所と中国人とみられる氏名が記されていた。文面には「靖国参拝するな! 参拝すれば天罰下れ! 天誅(てんちゅう)!!」と日本語で書かれ、刃渡り10センチのカッターナイフが入っていたという。

 安倍氏は会見で「脅迫は一切、私の行動や考えに対して影響を与えるものではない」と語った。

 まあ、カッターナイフなら切っても全治一週間だしな。そんな電話ならしょっちゅう貰ってるだろうし。

 安倍氏「香港から脅迫状」(07/07香港文匯報)
http://www.wenweipo.com/news.phtml?cat=004GJ&news_
id=GJ0607070012&PHPSESSID=4bd9c88363a9f2a789ec02e758fe
2383&PHPSESSID=75b7bd71e28b3e3537d6bf2ac92cae71

 今のところ国内では報道されていない模様。

 香港工聯会安倍官房長官の靖国参拝発言に抗議(07/07新華社)
http://news.xinhuanet.com/newscenter/2006-07/07/content_4806318.htm

 7月7日だし、選挙活動の一環。っていうか、小泉じゃなくて何で安倍?もう次の心配か。

PageTop

七・七事変

 今日は七夕。短冊に書くとしたら共産党滅亡か。織姫と彦星には荷が重いだろうが、是非ともかなえて欲しい。

 7月7日は盧溝橋事件の日。中国では「五四」、「六四」など日にちで事件を表すので、受験生はさぞかし大変だろう。サヨちゃんも「十二・九行動」とか日にちを使うのが好きだが、左巻きの性癖なのかな。

http://news.sohu.com/20060707/n244146862.shtml
 戦争責任を認めろとか言ってる下で、「軍票買い取れ!」ってのはいつも通り。

http://news.xinhuanet.com/mil/2006-07/07/content_4805885.htm
 中国最大の民間抗日博物記念館。政府から金が出ているのは文革記念館との差を見れば分かる(参照)。

PageTop

北京で2年ぶりの有感地震観測

http://news.xinhuanet.com/newscenter/2006-07/04/content_4793453.htm
 震源地は河北省文安県で、マグニチュード5,1。110キロ離れた北京、80キロ離れた天津でも揺れを感じたとか。それよりもウケるのが「デマではなく政府発表の地震情報を聞くこと」の一文。震度2程度で何を、と思うかもしれないが、記事にあるとおり北京では前回の有感地震は2年前。日本人とは違って慣れていないので動揺の走り方が半端じゃないんだろう。

 それよりも、地震情報が「突発事件」認定を受けるのとどうなるんだろう。震度6までなら大丈夫という前提も怪しい。

つづきを表示

PageTop

洗脳という言葉が生まれた日

 キモいといえばあまりに気持ち悪いのが、最近中日友好に力を入れている中国。もちろん中国式友好なので、先週行われた在留日本人返還イベントにおける「中華民族の寛大さ」と「人道主義」の押し売りなど、日本人が見ればひいてしまう手法でしか表せない。

http://news.xinhuanet.com/world/2006-07/02/content_4783719.htm
 日本に戻った戦犯は中国で受けた改造を忘れていない。1957年、日本で「中国帰還者聯絡会」(中帰聯)が成立した。中帰聯は帰国した戦犯たちの出版や活動を組織し、日本軍国主義者の罪を暴き、当時自身が犯した罪悪を悔い、中日両国の友好事業のために新たな1ページを記した。



 あのイベントの後にわざわざこのネタ。こちらは共産党が行った戦犯たちへの寛大な処置だから遠慮なく誇ってくれ。捕虜を勝手に戦犯にしておいて寛大もへったくれもないんだが。

 あれ、米兵に北朝鮮がやったのが初めてだっけ。>洗脳

PageTop

王毅も橋本先生の遺族に弔電

http://www.china-embassy.or.jp/chn/xwdt/t260929.htm
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/xwdt/t260928.htm

  王毅大使が7月1日橋本龍太郎元首相の遺族に弔電を送り、橋本氏の逝去に対して深い哀悼の意を表した。

橋本先生は中国人民の古い友人であると述べ、氏は長年にわたって一貫して中日友好に関心と支持を寄せ、中日両国の各分野における協力と両国国民の友好交流を促進するため、多大な貢献をされたと称えた。

当日の夜、王毅大使は橋本氏の自宅を訪れ、弔問を行った。

 さすが日中友好に長年携わってきただけあって評価が半端じゃない。っていうかお前ら、日本語の文頭で2文字開けるのは止めろ。それはお前の母語でだけやれ。

PageTop

中国大使館員のチェックリストに入った模様

★ Sat 01 Jul 2006 10:38:51 PM JST
■前回訪問:Sat 01 Jul 2006 10:37:36 PM JST■初回訪問:Sat 01 Jul 2006 10:28:08 PM JST■訪問回数:1
▼ ドメイン ▼ OS・ブラウザ・解像度/同時発色数
host-216.china-embassy.or.jp Windows XP
Internet Explorer 6
判別不可
▼ リンク元URL
http://aquarelliste.blog51.fc2.com/blo...

 http://www.google.co.jp/search?q=%E9%98%AE%E6%B9%98%E5%B9%B3&hl=ja&lr=lang_ja&start=10&sa=N
 こっから飛んできたらしい。

http://aquarelliste.blog51.fc2.com/blog-date-20060427.html
http://aquarelliste.blog51.fc2.com/blog-date-20060401.html
http://aquarelliste.blog51.fc2.com/blog-entry-128.html
 この辺りを1時間余りにわたってお読みいただいたようだ。案外王毅本人だったりして。下放時代の独白待ってます。

PageTop

橋本先生媚中終了のお知らせ

お知らせ

 長らくご愛顧いただきました橋本先生の「媚中」ですが、今回作者である橋本龍太郎先生が急病でお亡くなりになりましたので、残念ですが3月31日連載分「胡錦濤と重要講話」で終了させていただきます。長い間応援ありがとうございました。なお、次号からは高村元外相か野田毅議員の連載が始まる予定です。

http://news.xinhuanet.com/newscenter/2006-07/01/content_4774335.htm
 yahooのニュース速報並みに早かった、新華社の橋本先生危篤報道。yahooでは「弟が明かした」とあったので、これは重いんだろうなと思っていたのだが案の定。

 橋本龍太郎先生逝去に唐家セン弔電
http://politics.people.com.cn/GB/4550527.html

 「橋本先生は長きにわたって中日友好事業に携わり、首相在任中には両国関係の改善と発展に貢献をされた」というのが外交部=中国の評価。先生の称号は真に友好的で無いともらえない貴重なもの。橋本先生にとっては大勲位よりも嬉しいだろう。

 誰が日本国際貿易促進協会会長の後任になるのか注目。

つづきを表示

PageTop

米下院も台湾を国扱い

http://news.sina.com.cn/c/2006-06-30/191110299904.shtml

 アメリカの下院を通過した台湾との外交規制緩和法案。ホワイトハウスでの台湾高官との会談、米国高官の台湾訪問などを解禁したもの。台湾ではなく中華民国、台湾当局ではなく政府など口をすべさせたどころではすまない表現も解禁となるかもとあって、下院を通過しただけなのに外交部は「一つの中国」政策に背くものだと猛反発。

 でもブッシュの嫁が陳さんと話すのは今までもセーフだったんだよな。馬がアメリカ行くのもOK。そういや馬の訪日前に行政院長が来るとか来ないとか。

PageTop

南京大虐殺の生存者、夏叔琴さんが日本の法廷に出廷

http://news.xinhuanet.com/newscenter/2006-06/30/content_4774134.htm

 南京大虐殺の生存者である夏叔琴さん(77)は弁護団、市民団体代表などを引きつれ東京地裁に足を踏み入れた。法廷で、夏さんはいわゆる「歴史学者」が何故こんなデタラメを言い、日本軍に傷つけられた中国人をこのようにに扱うのかと義憤で胸を一杯にしながら陳述した。「東中野修道らは中国の法廷にも出廷しないので、今日日本まで来た。歴史を真実に戻し、自らの手で正義を取り戻すため」だ。

 法廷が認めた「補佐」、中国人弁護士の談臻は「東中野は南京などに来て調査を行ったわけでもなく、夏さんに聞き取り調査もしていない。わずかな資料の用語の差だけで彼女達の本当の身分を否定し、民衆を誤った方向、南京大虐殺という史実を否定しようとしているのだ」

 東中野修道って「否定」してたっけ。「鉄証」のはずの写真が使い物にならんと書いてただけのはずなんだが。それにしても、中国国内でやるっていった対日企業訴訟、どうなったんだろ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。